I♡ ▢ [アイ ラブ トーフ]

創業昭和七年 国産大豆のみ使用 稲城の天然水とうふ
とうふ処 利兵衛庵 / 有限会社 須黒食品
HOME | まめまめ美人レシピ | 菱餅風おとうふミルフィーユ

33日は桃の節句でひな祭り。
今年はどんなメニューにしようかなと思ったら。
ワインにも合う大人のひな祭りにしてみませんか?
 

 大人のひな祭り・菱餅風おとうふミルフィーユ

ひな祭りの起源は、季節の節目に災難や厄から身を守り。より良い幕開けを願うための節句の始まりと言われています。
では、とびきりのスーパーな栄養の宝庫を食べて美味しく楽しく過ごしましょう🔶
 
 

材料

菱餅の色にも意味があるようです。

  • 赤:桃の花の色。厄払い、解毒作用。
  • 白:残雪。純白。清浄
  • 緑:草木が芽吹く。若草。健康・長寿の象徴。

 
これをワインに合う食材に置き換えると

  • 赤:スモークサーモン。ビタミンDが多く、骨を強くする。アスタキサンチンは美肌に。
  • 白:豆腐。リラックスミネラルのマグネシウムが多い。骨を強くするビタミンKも。
  • 緑:アボガド。ビタミンEは老化防止・がん予防。

ソースには抗酸化作用の強いワサビを入れて。
 
女の子の節句においしく食べて美しくなってしまいましょ
 

大人のひな祭り・菱餅風おとうふミルフィーユ(4人分)

材料

  • 3代続いた豆腐屋の木綿 1丁(350g)
  • アボカド        1個
  • スモークサーモン    40g
  • レモン果汁       大さじ1
  • 梅干し         1/2個
  • ワサビ         小さじ1/2
  • プチトマト       2~3個(飾り)
  • イタリアンパセリ    少々(飾り)

  • 醤油           大さじ1/2
  • オリーブオイル      大さじ1
  • ワサビ          小さじ1/2



つくりかた

  1. 3代続いた豆腐屋の木綿豆腐をまな板の上に乗せ、上に皿等を乗せて水切りする。(まな板の下にふきん等かませて、斜めにすると水切りしやすい)
  2. 梅干しは種を避けて半分に切って、細かくたたいておく。
  3. アボガドは半分に切って、皮をむいて種を取り、縦にスライスしておく。表面にレモン果汁を塗っておく。
  4. プチトマトはヘタを取って半分に切ってスライス。
  5. プチトマトはヘタを取って半分に切ってスライス。
  6. ミルフィーユ状に重ねる。一番下に上にクリームチーズを塗った豆腐→スライスしたアボガド→両面にクリームチーズを塗った豆腐→スモークサーモン→下面にクリームチーズを塗った豆腐を重ねる。
  7. ⑥を上からギュッと押した後、4等分に切る。包丁は引くように切ると綺麗に切れる。(押すように切ると崩れる)
  8. ソースの分のワサビとオリーブオイル・醤油を混ぜてソースを作る。
  9. 皿におとうふミルフィーユを盛り付け、ワサビやたたき梅干し・スライスプチトマトとイタリアンパセリを上に飾る。

できあがり!

 

菱餅風おとうふミルフィーユ
 

〈1人分の栄養〉

  • エネルギー 190kcal
  • たんぱく質 9.9g
  • 脂質    14.8g
  • 炭水化物   5.3g
  • ビタミンD  11.2㎍
  • ビタミンK  23.7㎍
  • ビタミンB1  0.52㎎
  • カルシウム  118.9㎎
  • マグネシウム 45.8㎎

「大豆」「水」「にがり」「消泡剤」この4つがおとうふの違いを生み出しています。この4点をポイントに美味しいおとうふを選んでみてください。

監修:山口典子 さん

 
管理栄養士・杏林予防医学研究所認定講師・エキスパートファスティングマイスター・アロマ音叉療法士
 
17年間老人病院に勤め、なんとか口から食べてもらいたいと頑張るも、皆胃ろうチューブにつながれて亡くなるのを見てピンピンコロリの予防医学を志す。人がいかに日々幸せに過ごせるには健康が不可欠と思い、健康マニアに。細胞がヨロコブような美味しい食事、香り、音を日々追及している。食べるの大好きファスティングマイスター。
 
今の関心事は腸と自分断捨離。お得と開運という言葉に弱い。

山口典子さん

→  Facebook
何でも食べ過ぎは禁物です。バランスの良い食生活で毎日を楽しく(๑´ڡ`๑) !