創業昭和七年 国産大豆のみ使用 稲城の天然水とうふ

  • でんわ
  • 営業時間 11:00 - 18:00木日祝日定休】
    • 売り切れ御免
    • お弁当は土のみです!

お彼岸といったら、おはぎ!
おはぎは好きだけれど、もち米とあんこで糖質のかたまり。
カロリーがググっと気になるところ。
 
そんなあなたにオススメ!

 おとうふとおから入り変わりおはぎ

 

もち米を使わず、白米におとうふとおからと塩を混ぜるので、
食物繊維もしっかり摂れます。

  • 南瓜あんおはぎ
  • ほうじ茶あんおはぎ
  • ブルーベリーあんおはぎ
  • きな粉おはぎ

の変わりおはぎもお楽しみくださいね~✨

材料

とうふとおから入り変わりおはぎ(4人分)

材料

  •  まめたまの木綿 1/3丁(100g)
  • おから     20g

 

  • 精白米     1合半
  • 塩     小さじ1/2

 

  • 南瓜  100g   
  • ハチミツ  大さじ1
  • カシューナッツ23
  • 干しぶどう  4個

 

  • 白あん   50g
  • ほうじ茶粉末2g(または、小さじ2杯のほうじ茶葉をグラインダーにかけて、粉末にする。)

 

  • 白あん   50g
  • ブルーベリージャム小さじ1
  • ブルーベリー  12個

 

  • 白あん   50g
  • ブルーベリージャム小さじ1
  • ブルーベリー  12個



つくりかた

  1. 精白米を洗って30分水に浸ける。炊飯器に洗った米と塩を入れて炊く。
    (炊飯の時に米の上に南瓜をのせて一緒に火を通す。)
  2. おとうふを水切りする。
    おとうふをペーパー2枚に包み、まな板の上にのせる。豆腐の上に皿などを乗せる。
  3. ご飯が炊けたら、すりこぎで半分米をつぶし、水切りした豆腐とおからをよく混ぜる。30gづつ計って丸めておく。(16個分)
  4. 【かぼちゃおはぎ】
    1. 蒸した南瓜の皮を包丁でとり、ボウルに入れてハチミツと混ぜる。
    2. 丸めた③ご飯の上にハチミツ南瓜を乗せて、ラップでのばす。
    3. 上に干しぶどうとカシューナッツを飾る。
  5. 【ほうじ茶おはぎ】
    1. ほうじ茶と白あんを混ぜる。4等分して丸めておく。
    2. ラップでほうじ茶白あんを薄く延ばし、③ご飯の上にのせ形を整える。
  6. 【ブルーベリーおはぎ】
    1. 白あんにブルーベリージャムを混ぜ、丸めた③ご飯の上に乗せて、形を整える。
    2. 上にブルーベリーを3粒飾る。
  7. 【きな粉おはぎ】
    1. こしあんを10gずつ計って丸めておく。
    2. 丸めた③ご飯をラップ丸く平たく延ばし、丸めたこしあんを入れて包む。
    3. 砂糖と塩を混ぜたきな粉に入れ、転がしながらまぶす

できあがり!

 
 

おとうふとおから入り変わりおはぎ
 

〈1人分の栄養〉

  • エネルギー  38.4kcal
  • たんぱく質   10.5g
  • 脂質      3.3g
  • 炭水化物    76g
  • 食物繊維     4.6g
  • ビタミンK  13.1㎍
  • マグネシウム  48.5㎎
  • 鉄      2.1㎎
  • 亜鉛     1.7㎎

「大豆」「水」「にがり」「消泡剤」この4つがおとうふの違いを生み出しています。この4点をポイントに美味しいおとうふを選んでみてください。

監修:山口典子 さん

 
管理栄養士・杏林予防医学研究所認定講師・エキスパートファスティングマイスター・アロマ音叉療法士
 
17年間老人病院に勤め、なんとか口から食べてもらいたいと頑張るも、皆胃ろうチューブにつながれて亡くなるのを見てピンピンコロリの予防医学を志す。人がいかに日々幸せに過ごせるには健康が不可欠と思い、健康マニアに。細胞がヨロコブような美味しい食事、香り、音を日々追及している。食べるの大好きファスティングマイスター。
 
今の関心事は腸と自分断捨離。お得と開運という言葉に弱い。

山口典子さん

→  Facebook
何でも食べ過ぎは禁物です。バランスの良い食生活で毎日を楽しく(๑´ڡ`๑) !