創業昭和七年 国産大豆のみ使用 稲城の天然水とうふ

  • でんわ
  • 営業時間 11:00 - 18:00木日祝日定休】
    • 売り切れ御免
    • お弁当は土のみです!

クリスマス・サンタ🎅 雪だるま⛄ ツリー🎄 ぷちがんもカナッペ


クリスマスなにします?
今年はビジュアルも頑張ってサンタと雪だるまとツリーのカナッペはいかが?

土台は「ぷちがんも」を半分に切って醤油をたらしてグリルで焼いてみました。これが豆腐の塩クリームやアボカドによく合います✨クリスマスはチキンにケーキとなにかとあぶらっぽくてカロリーも気になるところ。
このカナッペはマヨネーズを使っていないので、かなりヘルシー♡ 体にもお財布にもやさしい。

材料


じゃがいもを丸めたりするのをお子さんと楽しめます。今年のクリスマスはビジュアルにもこだわってクリパを楽しみましょ~✨

クリスマス・サンタ🎅 雪だるま⛄ ツリー🎄 プチがんもカナッペ(3人分)

材料


  • 3代続いたとうふ屋の絹  1P(350g)
  • 塩            小さじ1/2
  • オリーブオイル      大さじ1
  • ぷちがんも        5個
  • 醤油           大さじ1
  • アボカド         1/2個
  • ゆず(またはレモン)   1/2個
  • ミニトマト(クレアレッド)3個
  • じゃがいも        1個
  • 塩            小さじ1/3
  • ピンクペッパー      15粒位
  • 黒ごま(またはエゴマ)  21粒位
  • パプリカ赤        1/2
  • パプリカ黄        1/2

つくりかた

下ごしらえ編

  1. 3代続いたとうふ屋の絹 をまな板の上に乗せ、上に皿等を乗せて水切りする。(まな板の下にふきん等かませて、斜めにすると水切りしやすい)1時間位。(電子レンジで3分加熱して水切りでも可)
  2. じゃがいもを皮のまま4等分して耐熱容器にのせ4分レンジで加熱する。潰して塩と混ぜる。(塩ポテト)
  3. 水切りした 3代続いたとうふ屋の絹 を塩とオリーブオイルとミキサーし、おとうふ塩クリームを作る。
  4. ぷちがんもは半分に切り、醤油をたらしてグリルで4分ほど焼く。
  5. アボカドは半分にして皮と種をとり、スライスする。半分にした柚子を絞り、アボカドにあえておく。
  6. 塩ポテト大さじ3と おとうふ塩クリーム大さじ1を混ぜておく。(ポテトとうふ塩クリーム

クリスマスツリー🎄カナッペ


  1. ④のぷちがんもの上に、⑥のポテトとうふ塩クリームを山にしてのせる。
  2. ⑤のアボガドを半分に切りⓐの上に木に見えるように並べて、ピンクペッパーや星形に切った柚子の皮をのせる。

サンタ🎅カナッペ


  1. ミニトマトを3つに切る(胴体と帽子とその間のトマトは雪だるまの赤いマフラーに)
  2. ②の塩ポテトを丸めてサンタの顔を作る。
  3. プチトマトの胴体を④のぷちがんもに乗せ、おとうふ塩クリームを胴体の上にのせて顔の塩ポテトをその上にのせる。(白いひげがからむようにスプーンで塩クリームをのばす)
  4. 顔の上に帽子を乗せて、箸におとうふ塩クリームをちょっとつけて帽子の上にのせる。
  5. 顔にピンクペッパーで鼻をつけ、黒ゴマで目をつける(菜箸の先端にちょっと水をつけて黒ゴマを箸の先端でそっと触るとついてくるので、それを目の位置につける。)

雪だるま⛄カナッペ

  1. ⑥のポテトとうふ塩クリームを雪だるま形に丸める。胴体と頭の間にプチトマトの薄切りにしたものをはさみ赤いマフラー風にする。
  2. ④のぷちがんもの上にⓐの雪だるまをのせて、顔にピンクペッパーで鼻をつけ、黒ゴマで目をつける。
  3. 余力があれば雪だるまの胴体に3個ゴマをつけると、もっとかわいらしくなります!

楽しく盛り付けましょう!

皿にサンタ🎅雪だるま⛄ツリー🎄プチがんもカナッペを乗せ、薄くスライスしたパプリカ赤と黄を交互に皿にのせて飾る。できあがり。

おとうふ塩クリームが余ったら、蒸した野菜にかけてもおいしいです。


できあがり!


クリスマス・サンタ🎅 雪だるま⛄ ツリー🎄 プチがんもカナッペ

〈1人分の栄養〉
  • エネルギー 222kcal
  • たんぱく質  9.2g
  • 脂質     15.6g
  • 炭水化物   12.4g
  • 食物繊維   2.7g
  • ビタミンK  21.6㎍
  • ビタミンC  36㎎
  • マグネシウム 75.8㎎

「大豆」「水」「にがり」「消泡剤」この4つがおとうふの違いを生み出しています。この4点をポイントに美味しいおとうふを選んでみてください。

監修:山口典子 さん

 
管理栄養士・杏林予防医学研究所認定講師・エキスパートファスティングマイスター・アロマ音叉療法士
 
17年間老人病院に勤め、なんとか口から食べてもらいたいと頑張るも、皆胃ろうチューブにつながれて亡くなるのを見てピンピンコロリの予防医学を志す。人がいかに日々幸せに過ごせるには健康が不可欠と思い、健康マニアに。細胞がヨロコブような美味しい食事、香り、音を日々追及している。食べるの大好きファスティングマイスター。
 
今の関心事は腸と自分断捨離。お得と開運という言葉に弱い。

山口典子さん

→  Facebook
何でも食べ過ぎは禁物です。バランスの良い食生活で毎日を楽しく(๑´ڡ`๑) !