創業昭和七年 国産大豆のみ使用 稲城の天然水とうふ

  • でんわ
  • 営業時間 11:00 - 18:00木日祝日定休】
    • 売り切れ御免
    • お弁当は土のみです!

そうめんに飽きたら。鍋一つでぱぱっと作れる濃厚辛味うどん

コクうま激辛豆乳つけうどん

コクうま激辛豆乳つけうどん

もうすぐ夏休み。
3食ごはん作るって、とってもたいへん!しかも暑い。。。
簡単だからとそうめんばかりでは
「お母さん、またそうめん!」という子供のブーイングが聞こえてくる。。。

そんな時はお鍋一つで簡単に作れる『コクうま激辛豆乳つけうどん』

お湯を沸かすところから始めても20分もかかりません。
お湯にまず卵ともやしを入れ、もやしがゆであがったら鍋にうどんを追加投入するので、鍋一つで作れます。
豆乳とめんつゆ、ごま油とラー油を汁椀に1人づつ入れるだけなので、余計な洗いものも出ないし。
その味わいはまるで辛めの和風カルボナーラのよう✨
辛いのが苦手なお子さまには、ごま油を少し多めに入れるとコクがアップ。

そして、ぜひともコシのある利兵衛庵の豆乳うどんで作ってほしい✨
コシのある太めのうどんと、濃厚な漬け汁のハーモニーを味わっていただきたいと思います。

豆乳うどんには豆乳が練り込まれているため、普通のうどんよりもたんぱく質やマグネシウムなどのミネラルを多く摂取することができます。

食欲のない夏はそうめんばかり食べていると、知らぬ間に栄養不足になってしまうことが多いのです。そんな夏の栄養補給の一つとしても、コクうま激辛豆乳つけうどんはオススメの一品です。元気に夏を乗り切りましょう~!

コクうま激辛豆乳つけうどん(2人分)

材料

コクうま激辛豆乳つけうどん(2人分) 材料
  • 豆乳うどん    1パック(380g)
  • もやし      1/2パック
  • きゅうり     1/2本
  • プチトマト    4個
  • 卵        1個
  • 小葱(ワケギ)  3本
  • めんつゆ(3倍希釈)大さじ2(1人大さじ1)
  • 豆乳(無調整)   200㎖(1人100㎖)
  • ごま油       小さじ2(1人小さじ1) 
  • ラー油(お好みで) 6プッシュ(1人3プッシュくらい)

つくりかた

一つの鍋で調理します
  1. 深めの鍋にうどんを茹でるためのお湯を沸かす。
  2. 沸騰したらまず卵を入れて、3分タイマーをかける。その時ザルにもやしを入れて、同じ鍋でさっと茹でて水にとる。
  3. 3分たったら、同じ鍋にうどんをほぐしながら入れ、タイマーを7分かける。
  4. きゅうりは縦半分に切ってナナメにスライス、小葱は細かく切っておく。
  5. 各汁椀にめんつゆ、豆乳、ごま油、ラー油、小葱を入れてかき混ぜておく。
  6. タイマーが鳴ったら、うどんと卵を水にとる。うどんはぬめりがなくなるまでよく洗う。卵は殻をむいて半分に切っておく。
  7. うどんをザルに盛り付けて、もやし・きゅうり・プチトマト・ゆで卵を飾る。

できあがり!

コクうま激辛豆乳つけうどん

〈1人分の栄養〉

  • エネルギー 52㎉
  • たんぱく質 2.7g
  • 脂質    1.6g
  • 炭水化物  6.9g
  • ビタミンK  4.98㎍
  • カルシウム 50.3㎎
  • マグネシウム 14.1㎎
  • 食物繊維  0.73g
「大豆」「水」「にがり」「消泡剤」この4つがおとうふの違いを生み出しています。この4点をポイントに美味しいおとうふを選んでみてください。

監修:山口典子 さん

 
管理栄養士・杏林予防医学研究所認定講師・エキスパートファスティングマイスター・アロマ音叉療法士
 
17年間老人病院に勤め、なんとか口から食べてもらいたいと頑張るも、皆胃ろうチューブにつながれて亡くなるのを見てピンピンコロリの予防医学を志す。人がいかに日々幸せに過ごせるには健康が不可欠と思い、健康マニアに。細胞がヨロコブような美味しい食事、香り、音を日々追及している。食べるの大好きファスティングマイスター。
 
今の関心事は腸と自分断捨離。お得と開運という言葉に弱い。

山口典子さん

→  Facebook
何でも食べ過ぎは禁物です。バランスの良い食生活で毎日を楽しく(๑´ڡ`๑) !