創業昭和七年 国産大豆のみ使用 稲城の天然水とうふ

  • でんわ
  • 営業時間 11:00 - 18:00木日祝日定休】
    • 売り切れ御免
    • お弁当は土のみです!

2月3日は節分で豆まき
2月4日は立春。
立春には何食べる?

立春大吉豆腐鍋

古来より豆腐は「白い豆腐には邪気を追い祓うほどの霊力が宿る」と伝えられ、身を清める食べ物であると考えられていました。

2月3日(節分)におとうふを食べると、罪穢れを祓われる。
2月4日(立春)におとうふを食べると、清められた体に幸せを呼び込むとか。
おとうふを白い状態で食べて身を清めるのにオススメなのが、『立春大吉豆腐鍋』✨

おとうふをクリームにします
  • 手羽元はコラーゲン豊富でダブルのお肌プルプル効果があります。
  • 白葱はメチルスルフォニルメタン(MSM)が豊富で強力にデトックスしてくれます。
  • レンコンはビタミンCが豊富な食べ物で、メラニン色素の沈着を防ぎ、シミ・そばかすからお肌を守ってくれます。


ほかにも何か白い食べ物は無かったかな。白キクラゲなんてのも、お肌の潤いを翁ってくれますよー!

清めた後の幸福を届けてくれる立春大吉豆腐鍋。豆乳鍋の上にミキサーした絹ごしとうふのクリームをのせることで《より白いおとうふ》を実現しました。ミキサーした絹ごしとうふの更に滑らかな舌触りもお楽しみくださいませ。

立春大吉豆腐鍋(3人分)

材料

立春大吉豆腐鍋材料(一部)
  • 3代続いた豆腐屋の絹 1丁(350g)
  • 鶏手羽元      6本
  • 塩麹(手羽元味付) 大さじ2
  • 白葱    1本
  • 白菜   4枚
  • レンコン 中1房(140gくらい)
  • エノキ  1パック
  • (スープ)
    • 昆布   10㎝くらい
    • 水    450㎖(白菜から出る水分によってあとから調節してください)
    • 塩麴   大さじ2
    • 酒    大さじ2
    • 豆乳   300㎖

つくりかた

  1. 鶏手羽元は塩麴大さじ2に30分ほど漬けておく。土鍋に水と昆布を入れる。
  2. 鍋に入れる葱はナナメスライス、白菜は5㎝位のザクザク、レンコンは皮をむいてイチョウに切る。エノキは石づきをとってばらしておく。3代続いた豆腐屋の絹は1分くらいミキサーしてクリーム状にしておく。
  3. 土鍋に鶏手羽元とエノキとレンコン・塩麴大さじ1・酒を入れて火にかける。
  4. 鶏手羽元と蓮根に火が通ったら、白菜と白葱を入れる。
  5. 白菜や白葱に火が通ったら、豆乳を入れ弱火にする。ミキサー(フードプロセッサ可)した豆腐を鍋全体に蓋をするようにのせて、ひと煮立ちしたら出来上がり。
立春大吉豆腐鍋

豆乳を入れた後は、強火にしない! すぐ吹きこぼれます!
※ 土鍋が無ければステンレス等のお鍋でも大丈夫ですよ!


できあがり!

立春大吉豆腐鍋

〈1人分の栄養〉
  • エネルギー 620kcal
  • たんぱく質 39.6g
  • 脂質    28.8g
  • 炭水化物  27.6g
  • 食物繊維   7.0g
  • ビタミンD  29.5μg
  • ビタミンK  164.3㎍
  • ナイアシン  11.7㎎
  • マグネシウム 148.25㎎

 


早食い予防にもなりそうです

最後に乗せ入れる、きぬとうふクリームはふわふわっとしていますが、ざく切りの白菜や、レンコン、ネギ、エノキなど、いろいろなサイズ・形状・食感・種類のものがたくさん入った鍋になりますので、「するするっと飲めちゃう」感じではありません。よく噛んで、よく味わって、そしてとても温まります。
健康に、新しい季節を迎えましょう!

今回のおとうふ

利兵衛庵 三代続いたとうふ屋の絹
今回使いましたのは、とうふ処 利兵衛庵の定番「3代続いたとうふ屋の絹」350g。

濃厚な豆乳を、蒸気でゆっくり温めながら固めているので、通常のきぬごしとうふと比べて しっかりとした硬さがあって、湯豆腐や鍋物などのあったか料理にもつるりとした食感をお楽しみいただけます。
今回は、ミキサーでなめらかに練って上に乗せて火にかけるという食べ方を提案しましたが、ふわふわとうふが苦手なかたは、大きめな賽の目にカットして召し上がるのもいいですよ。このおとうふは、しっかりしたきぬとうふですので、鍋物にもたいへんご好評をいただいております。
「大豆」「水」「にがり」「消泡剤」この4つがおとうふの違いを生み出しています。この4点をポイントに美味しいおとうふを選んでみてください。

監修:山口典子 さん

 
管理栄養士・杏林予防医学研究所認定講師・エキスパートファスティングマイスター・アロマ音叉療法士
 
17年間老人病院に勤め、なんとか口から食べてもらいたいと頑張るも、皆胃ろうチューブにつながれて亡くなるのを見てピンピンコロリの予防医学を志す。人がいかに日々幸せに過ごせるには健康が不可欠と思い、健康マニアに。細胞がヨロコブような美味しい食事、香り、音を日々追及している。食べるの大好きファスティングマイスター。
 
今の関心事は腸と自分断捨離。お得と開運という言葉に弱い。

山口典子さん

→  Facebook
何でも食べ過ぎは禁物です。バランスの良い食生活で毎日を楽しく(๑´ڡ`๑) !